So-net無料ブログ作成

セルビア洪水復興支援募金を受付中 ワタシの行った募金法 [ライフスタイル]

スポンサーリンク




2014年5月中旬にセルビア国内各地にて発生した集中豪雨で川などが氾濫、多くの犠牲が出ました。

そして、今日本からの募金が急増中!支援の輪が広がっている。

セルビア?国?バルカン半島??そう、知っている人はそういないと思われます。

ヨーロッパの東南部で、トルコのヨーロッパ部分、ギリシャ、アルバニア、ブルガリア、そして1991年以前の旧ユーゴスラビアの大部分、すなわちマケドニア、セルビア、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア、ヘルツェゴビナ、コソボ、ヴォイヴォディナ(スレム、バチュカ、バナト)からなる地域と考えられている。(Wikipedia)

 バルカン半島.png

見てみると、周りには解る地名ばかり。あちら方面に旅行など行かれた方は解る筈。

じゃあ、なんであまり知られていない所へ支援の輪が?

まず、いち早く支援を呼びかけたのは、Jリーグ名古屋グランパスのサポーター。

というのも、名古屋グランパス ストイコビッチ前監督の母国がセルビアらしく

それを知っているサポーターたちが支援を呼びかけた。

その後、実際にセルビア大使館へ募金に来た方に「どちらで募金のことを?」と聞いてみると

「フェイスブックでで誰かが(寄付の)リンクを流していたので、全然よく分からない国です。」とのこと。

フェイスブック効果は、やはり大きいと言える。

それとは別に日本とセルビアをつなぐ大きい出来事が過去にあったのです。

東日本大震災。この時に日本(東北)はセルビアから多大な支援を受けていたのです。

決して裕福とはいえない国です。

失業率20%以上、平均月収が5万円に満たない国。

そんな国で沸き起こった支援の動き、1か月後には2億円を超える寄付が寄せられました。

この時点では、ヨーロッパで一番多い額の義援金と思いあふれるメッセージも一緒に送られ…


 「悲劇でも人と人は結ばれます。苦難を歩んだ国ならではの反応です」(セルビア ネナド・グリシッチ駐日大使)


そんな国がいま、まさに東日本大震災の時と同じ状態にあるのです。

更にさかのぼると、90年代には民主政権が誕生、国づくりのための支援が、日本から次々と届きました。生活に欠かせないバスも、その1つ。日の丸をつけ、今も100台近くが活躍中とのこと。


 「家族が必要とするときに手を差し出す。そうやって2国は交流しています」(セルビア ネナド・グリシッチ駐日大使)


そして、今東北でもこんな動きが…

週末の売り上げ全額の寄付を決めました。客の賛同もあり、20万円を大使館に送っています。支援の輪が広がった一番のきっかけは、3年前の、あの震災で
す。

 「大震災のときにセルビアは貧しい国なんですが、非常に多くの支援を日本のためにいただいたので、少しでも恩返しできないかと」(カクテルバー
「Nemanja」 北條久美子さん)

他に、2国の結びつきから、夏の風物も生まれています。蚊取り線香の歴史は、除虫菊の原産地、セルビアから渡ってきた種の栽培から始まりました。キンチョウの本
社は今、セルビア名誉総領事館にもなっています。  セルビアの復興に向け、Tシャツを介した応援プロジェクトが立ち上がりました。
 「デザイナーさんからセルビアに義援金を渡したいという話をいただいて、告知したところ15人ぐらい一気に集まって、東日本大震災のお礼がしたいと」
(MCS 関 浩司 代表取締役)

参考サイト:「TBS News-i」URL:http://www.realplay.com/channels/tbsnewsi/synopses/61401


恩返しとも言える行動が輪を広げている。

まさに、『持ちつ持たれつ』ではないでしょうか。

ここで、ワタシがやったこと。

「そういえば以前、楽天ポイントで東北へ募金したことがある」のを思い出して、
「セルビア支援募金は行っていないかな?」と思い
楽天株式会社(WEB)の「社会的責任(CSR)」へリンクしていくと
サイドバーに「楽天クラッチ募金」っていうのがります。
 
ところが、「楽天クラッチ募金」ではセルビアへの募金はしていませんでした。
 
が、同じページ内で楽天銀行からの募金を受け付けていました。
 
募金受付.jpg

 

 楽天クラッチ募金:http://corp.rakuten.co.jp/csr/contribution/

下の東日本大震災支援募金の「ポイントとカードで募金する」ように色がついていてリンクしていれば

ポイントからも募金できます。(100円から1円単位)

セルビア洪水被害支援募金では振込のみ受け付けていました。

振込の際に、住所やTEL番号が必須項目だったので仕方なく、入力しましたが出来れば入れたくないですね(個人的に)。

 金額は自分で決められます。それと振込手数料はかかりません。

 何か募集記事みたいになってしまいましたが、これはワタシの自己満足に過ぎません。

参考になれば幸いです。




スポンサーリンク



タグ:災害
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。