So-net無料ブログ作成
検索選択

ルークスカイウォーカーが育ったお家に泊まれる。 [ライフスタイル]

スポンサーリンク




ルーク・スカイウォーカー「ジェダイの騎士」

父である、ダースヴェイダー(アナキン・スカイウォーカー)を超えてジェダイマスターとなる。

 話が飛びすぎましたね。

これは、映画スターウォーズのエピソードⅥまでのお話。

 その、ルーク・スカイウォーカーが育った場所って言うのが、惑星タトゥイーン。

生い立ちから話すと長くなるので、手短にします。

大まかなあらすじ

ルークの父アナキン・スカイウォーカーも惑星タトゥイーンで母シミ・スカイウォーカーと幼少期を過ごす。

そこで、当時のジェダイマスター/クワイ・ガン・ジンにミディクロリアン(ホースの象徴)から生まれたのではないかというアナキン・スカイウォーカーと出会い、奴隷であったアナキンをジェダイの騎士にするべく、ポッドレースで賭けをして連れ出した。

 成長したアナキンは母を失い、怒りと共にダークサイドへの道に足を踏み入れていく。

そして、パドメ・アミダラ女王(当時は姫)との結婚、そして子供を身ごもるが…そのパドメに手をかけてしまう。

最初はパドメの運命から命を救いたい一心からだった。そこに付け込んだのが悪の皇帝ダークシディアス。

時同じくして、ジェダイの騎士たちに危機が迫っていた。 

アナキンは、なんとパダワン達(ジェダイナイトになるべく修行している子供達)を皆殺し。

各惑星では、ジェダイ狩りが始まっていた。

当時のアナキンのマスターであるオビ・ワン・ケノービの説得もむなしく、ダークサイドから抜け出さないアナキンに制裁を加えるべく 惑星ムスタファーで決闘となる。

戦いに敗れたアナキンだが、ダークシディアスの手によって復活!「ダース・ヴェイダー」の誕生だ。

そんな中パドメが子供たちを出産、だが本人(パドメ)に生きる気力がない。

ここで初めて、アナキンが見ていたパドメの「運命の死」がダークシディアスの目論見と、それにまんまと掛かってしまって手をかけてしまったアナキンだということに見ているワタシたちも気付いたのではないだろうか?なんとも悲しいストーリーです。

生まれた2人の子供(ルークとレイア)を安全なところに隠すため、いろいろな民族が集まる惑星タトゥイーンは、格好の隠れ家となるため、当時のジェダイマスター/オビワン・ケノービがルーク・スカイウォーカーを連れて、身を隠した場所である。

S・Wファンのワタシとしては、もっと細かく説明したいのですが、S・Wファンの方には十分わかってもらえるでしょうけど、わからない方には、文面では無理ですし見てもらったほうが早いですからね。

肝心の”ルークんち”なんですけど惑星タトゥイーン(チュニジアの町マトマタ)の実際の設定はルークの叔父の家。

本当に泊まれるようです。

動画サイトで公開していますので、見て下さい。

参考サイト:http://www.realplay.com/(リアル動画)
URL:http://www.realplay.com/r/ne/201406160/ro/synopsis_60676.htm




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。